TФKと書いて「てふか」と読みます。

て=手 ふ=二つ か=空・気・風という倭ことばで成り立ち、
Фは幸せの運び手といわれる蝶の形と∞を描くように二本の針を交差させながら縫い上げていく様子をあらわしています。
無機的な素材からも自然界の拍動や呼吸をかんじてもらえるようなモノづくりを心掛けています。

いつしか使い手とモノと空間とが同心となるまで愛用して頂けることがTФKのよろこびです。

HP : http://tefka.jugem.jp/?cid=11